ドッグフード選びの基準とは

ドッグフードにはさまざまな種類がありますが、実際にドッグフードを選ぶ際に重視したい項目を挙げてみます。

1.添加物の有無

最低限、どのような添加物が含まれているかは必ずチェックするべきです。
香料、甘味料、着色料、保存料などが添加物にあたります。
人間が決して食べることのできないような、危険な合成添加物が入ったドッグフードは、犬にも与えるべきではありません。

代表的なものを挙げると、BHA、BHT、エトキシキンなどの抗酸化剤は毒性が強く、発がん性があるとされています。
しかしローズマリー抽出物やミックストコフェロールなど、天然由来の添加物は人工的なものではありませんので、安心です。

2.メインとなっている食材は何か、バランスよく栄養がとれるか

チキン、ラム、ビーフなどの肉か、サーモン、タラなどの魚が主原料のフードは、犬の健康的な身体を作る動物性たんぱく質が豊富です。
その食材がフードの何割を占めているかも把握しておくと良いでしょう。
他にも栄養豊富でアレルギーになりにくい玄米や野菜など、メイン以外の食材の栄養バランスも確認しておきたいところです。
ただし、愛犬の健康状態やアレルギーなどによって変える必要があります。

3.成分表示に曖昧な表記がないか

〇〇ミール、肉副産物、肉粉など、一見具体的に何を指しているのか想像しづらいものは、新鮮な食肉を使っていないということです。
「チキン」「ラム」などというように、食品名を断言しているものでなければ愛犬に与えることはできません。

4.アレルゲンをチェック

人間の食品には特定の食材が含まれる場合、アレルギー表示をすることが義務付けられていて、一部のドッグフードにも、義務ではありませんがアレルギーの表示がされていることがあります。
愛犬がアレルギーを持っている場合は、必ずチェックしたい項目です。
「食物アレルギーをケアするドッグフード」こちらも合わせてご覧ください。

5.賞味期限

賞味期限が一年以内のもので、明確に書かれているものを選びます。
長すぎる賞味期限のフードには、大量の保存料が含まれている可能性があるからです。
また、こちらの人間の食べ物は与えないほうがいい理由についても興味深いですね。参考にご覧ください。